NCR SelfServ checkout(フルセルフ精算機)

お客様はスーパーマーケットのレジ待ちの行列にイライラされています。そんなお客様の不便さとイライラを解消するために、日本で初めてセルフレジを導入したのがNCRです。セルフレジは、商品のバーコードの読み取り、袋詰め、精算までをお客様自身が行えるセルフサービス・システムです。 1953年にセルフサービス方式による日本初のスーパーマーケット開店を支援して以来、NCRは常にお客様の望むセルフサービス・ソリューションを提供してきました。また、小売業の皆様には、より高度な顧客サービスを行なえるお店作りをサポートしています。 NCRグループにおけるセルフレジSelfServ Checkoutの国内の導入は、600店舗を越えました。またNCR全体では25ヶ国、100,000台(全体台数の約7割)の導入をしており、世界シェアでNo.1となっています。

セルフチェックアウト・ソリューションの特徴

小売業界でのNCRの長年にわたる実績は、製品の高い信頼性によるものです。 セルフチェックアウト・ソリューションもこの伝統を受け継いで、小売環境の最新トレンドに対する深い理解と、先進のハードウェア、ソフトウェア・テクノロジーの組み合わせによって 実用化されています。
セルフチェックアウト・ソリューションを導入すると、直接的な効果と間接的効果が得られます。

fself3.jpg

セルフチェックアウト・ソリューション導入効果

サービスレベルの向上(顧客サービスの向上)

•お客様のレジ待ちの解消
•有人レジとの併設によるお客様の選択肢の拡大

売り場の充実(競合優位)

•計画外のレジ応援が無くなり売り場業務が改善
•売り場の作業効率もアップ
•パート採用難の軽減

トレーニングの低減(店舗マネジメントの最適化)

•セルフレジ導入により見直されたレジオペレーションの簡素化で、既存レジのトレーニングコスト削減

マーケティング効果

•口コミによる集客効果

顧客とのコミュニケーションの改善

•顧客とセルフレジアテンダントで築く新たなコミュニケーション
•セルフレジアテンダントを通じてさまざまな顧客の声を店舗改善へ

NCR SelfServ Checkout重量データベースの優位点

自動学習であること
重量の自動補正機能を持っていること
ノベルティー商品等を考慮して複数の重量データを保持できること
 

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら