マイグレーションサービス

(レガシー)マイグレーションとは、メインフレームやオフィスコンピューターなど時代遅れや保守切れが迫った各ベンダー独自のシステムからオープンシステムに乗り換えることです。
企業内に蓄積されてきた大切な“企業資産”(コンピュータシステム)を将来に渡り活用するため、最新のハードウェア及びソフトウェア環境下で動作できるよう、効率良く安全に移行いたします。

競合他社と差別するため、増え続けるマイグレーション

各ベンダーのホストが撤退を繰り返す中、どの企業様もマイグレーションに迫られています。レガシーシステムを支えてきたエンジニアは不足状態にあり、また古いシステムであればあるほど、携わっていた人が退職してしまっている場合が多く、仕様書もわからないためマイグレーションするしかない状態に陥ってしまうからです。
また、新しい技術やニーズに対応したくても、凝り固まったレガシーシステムでは融通が利かず、気づけば競合他社に後塵を拝してしまうケースが散見されます。
時代と競合他社に取り残されないために、レガシーマイグレーションは必須のシステムプロジェクトになりつつあります。

 

豊富な実績から最適な移行プランをご提案

システム開発者に依存せず、弊社独自のノウハウにや分析ツール、聞き取り調査から現状を正確に把握し、ご予算やニーズに合わせた移行案・改善案をご提案致します。

migr.jpg

 

移行後の運用・管理の手間暇や不足する人材への対応もサポートします

「マイグレーションをしても依然として残存するサーバーの運用や管理に手間を取りたくない」
「わが社にはその役割を担い、実行するヒトもいない」

そんな声にお応えし、弊社では移行後のサーバーを弊社が管理運用するサービスをご用意しています。死活監視やバックアップなど移行後のお客様の手間暇と運用コストを撤廃するため、弊社はヘルプデスクと連動したサーバー運用管理サービスをご提案可能です。

マイグレーションの実行とあわせてご利用ください。

 

 

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら