春秋航空日本株式会社様 導入事例

日本NCRの提供するキオスクソリューションSelfServ4(スリム)が春秋航空日本株式会社様
に導入されました。


お客様概要

春秋航空日本株式会社は、中国初の民間LCC(ローコストキャリア)である春秋航空股分有限公司の
関係会社として、2012年10月に発足。2014 年 8 月 1 日より成田から高松、広島、佐賀の 3 都市に
就航いたしました。春秋航空股分有限公司の就航路線ネットワークを最大限活用し、ビジネス、観光
のみならず生活路線の開拓を目指し格安運賃の提供により、新たな需要を喚起し利用者の利便性の
向上を目指すことで地域経済の活性化に貢献しておられ、さらに、中国人旅客の日本への集客を促進
させ、国際相互理解の増進及び観光立国日本の実現に寄与しておられます。

  春秋航空日本株式会社様 → www.springairline.com/jp


導入システム

SelfServ4(スリム)の特長は、細身の筐体デザインに標準で19インチ大画面のタッチス
クリーン、暗証番号入力対応のテンキーパッド、1D/2Dバーコードリーダーを搭載しているこ
とです。SelfServ4(スリム)の導入により、幅広いユーザー層に使いやすいサービス提供が
可能になります。

SelfServ4設置例

 

導入経緯

 春秋航空日本は、海外企業のLCCとして初めて日本の国内線に参入、2014年8月1日よ
り就航しています。春秋航空日本は、中国初のLCCである春秋航空の関係会社で、春秋航空
でもNCRのキオスク端末 SelfServ60が採用されています。今回、春秋航空日本が導入したSelfServ4(ス
リム)は、アプリケーションのカスタマイズが容易に行えることから、導入コストを抑える
ことも可能です。
春秋航空日本の情報システム課長永井氏(経営企画室長、総務人事部長兼務)は、「弊社が
日本国内の4空港において日本NCRのキオスク端末SelfServ4(スリム)を導入したのは、親
会社の中国春秋航空(春秋航空股份有限公司)での安定した稼働実績や世界の主要な空港で
のマーケットシェア、また、各分野でのセルフサービス機器に対する開発力やノウハウを高
く評価しました。弊社は中国と日本の「空の架け橋」として、また、日本の皆様に愛
される身近な交通手段として今後も日本国内路線の充実と国際線就航を目指しており、
NCRはその良きパートナーです。」と述べています。
日本NCRとしては、初めての航空会社へのチェックイン端末導入となります。

なお、SelfServ4(スリム)の受注、保守サービスは、弊社日本NCRビジネスソリューション株式会社に
よって行っています。


日本NCR株式会社について

  NCRは、企業のビジネスとそのお客様である消費者を結ぶ全ての取引を一歩進んだ
体験に変えていくテクノロジーの分野における世界的なリーダーです。NCRは流通、金融、
トラベル、ホテル、レストラン、通信技術などの業種で日々発生する4億8500万件超の
取引を処理可能なハードウェア、ソフトウェアおよび各種サービスを提供しています。
 日本NCRは、1920年の設立以来、日本初のスーパーマーケット開店の支援、日本初の
セルフレジ導入、日本初の金融機関向け税公金セルフ収納機ソリューションを展開と、常
に時代の先端を行くテクノロジーを駆使し、流通・金融業界に革命をもたらし続けて
きました。
  NCRは 米 国 ジ ョ ー ジ ア 州 ダ ル ー ス に 本 社 を 置 き 、 29,000人 超
 の 社 員 と と も に 180か国でビジネスを展開しています。
※NCR、SelfServは、 NCR Corporation の米国および他の各国における商標または登録商標
です。

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら