税公金セルフ収納機

店頭業務の効率化とサービスの向上を目指す使いやすい新たなセルフ収納機の登場

税公金の収納は現金による支払いが多数を占め、元来事務的な負担が高い上に、繁忙日における集中度が高く、事務量の変動が大きいため店頭事務体制を構築する上で長い間の課題となっていました。税公金セルフ収納機ソリューションは従来のアプローチとは違った新しい解決方法でお客様の業務効率とサービスの改善・向上を実現します。

特徴と導入メリット

バーコードの利用

払込通知書は原則バーコードで読み取ります。スーパーマーケットなどでも既にお馴染みのセルフレジを使って、顧客自らバーコードをスキャンする機会も増えてきました。セルフ収納機にはPOS端末で利用されているものと同じバーコードスキャナーが搭載されています。バーコードの読取感度は非常に良く、顧客にストレスを与えません。また自らの手で能動的に処理を進めることができ、複雑な処理も自動で行えます。顧客の待ち時間を緩和するだけでなく、達成感を味わっていただけます。
バーコードの無い払込通知書でもタッチパネルの画面から選択して受け付けることができ、異例の処理などは従来どおり行員が処理を担います。利便性、迅速性、堅確性、全てにおいて向上すると同時に、従来事務との親和性が高くスムーズな対応が可能です。操作も簡単で、顧客にとっても最大限にメリットを享受できます。

現金取り扱い事務の負荷軽減

セルフ収納機は紙幣、硬貨全金種に対応した現金モジュールを搭載しています。端数金額の支払いが多い税公金において、セルフ端末が現金の授受を行うため、行員の手を煩わせません。

事務判断のシステム化

受付の可否、支払期限の点検、延滞金の計算など充分な経験と高度なスキルを要する事務判断を、システムに組み込み自動化を実現しました。バーコードで読み取ると同時に判定されます。

0502_02.jpg

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら