NEXT会計

管理会計とは経営者にとって自由であるべきものです。しかし一方で、管理会計と制度会計は切り離して運用することは難しく、更に昨今の内部統制強化の流れが、管理会計を自由に運用することを難しくしています。「Next会計」は、管理会計と制度会計を両立させ、経営者、管理者、現場担当者の各レベルのニーズに応えられるツールです。

こんなお客様にオススメします

  • 管理会計に大きな関心がある
  • 組織改編が頻繁に行われる
  • Excelを使いこなし管理レポートを独自に作成できる
  • 業務システムが稼動していて核となる会計システムを必要とする
  • 内部統制機能が必要
  • 現場のニーズに合わせてシステムの改良や拡張したい
  • 国際財務報告基準(IFRS)に対応していきたい

内部統制を支援するための主な機能

  • 機密性を保つための強固なセキュリティ機能
  • 内部統制の有効性を監視するモニタリング機能
  • 不正を抑制する運用監視機能
  • データの信頼性を高める履歴管理機能
  • 情報の可用性を高めるデータ構造と優れた検索機能
  • 業務の効率化と可視性を向上させるWeb入力支援機能

内部統制ポリシー

システムモデル

内部統制ポリシー

会計機能

内部統制支援機能・・・
※標準搭載
IT統制全般に関わるソリューションをサポートします。
会計基本エンジンにIT業務処理統制を中心とした支援機能を組み込み、モニタリング機能では詳細な操作ログと画像情報を専用のビューアを使って内部統制が有効に機能していることを監視することができます。
業務系オプション・・・
財務経理部門の各業務を幅広くサポートします。
各業務で発生したデータは仕訳として会計基本エンジンに連携します。

ワークフロー機能

Web入力支援オプション・・・
Webブラウザを使った現場入力をサポートします。
経費精算やマスタ登録など、Webから現場入力したデータは多段階の承認システムを経て会計データとなり、業務の可視性と効率性を向上し、強力に内部統制活動を支援します。

主な特長

■Windowsの操作に準拠したユーザインターフェースなので、直感的に操作できます。

■実在の組織図の他に、シミュレーションのための仮想の組織図を作成することができます。
また同様に、通常勘定科目の他に、並べ順や集計方法をアレンジした仮想の科目体系も作成することができます。
これらを組み合わせて活用することによって、オリジナルなレポートをユーザ自身が作成することができます。

■多種多様な検索条件とデータの出力方法を組み合わせることで必要な情報を最適な形で取り出すことができます。
また、過年度データも当期データと同様に保存してあり、過年度の実績も簡単に参照することができます。
用途に応じて必要なデータを多角的に取り出せます。Excelを使えばデータの二次加工もスピーディーに行えます。

■用途に応じて必要なデータを多角的に取り出すことができます。

構成例

動作環境

データベースサーバ

OS Windows Server 2003, Windows Server 2008
プロセッサ 800MHz以上(推奨2GHz以上)
メモリ 1GB以上(推奨2GB以上)
HD容量 5GB以上 ※データ領域除く
データベース SQL Server 2005 , SQL Server 2008

ウェブサーバ

OS Windows Server 2003, Windows Server 2008
プロセッサ 800MHz以上(推奨2GHz以上)
メモリ 1GB以上(推奨2GB以上)
HD容量 5GB以上

クライアントパソコン

OS Windows XP, Windows Vista, Windows 7
プロセッサ Office XP以上
メモリ 800MHz以上(推奨1.5GHz以上)
HD容量 512MB以上(推奨1GB)
データベース 1GB以上

プリンタ

Windows XP, Windows Vista, Windows 7上で動作するネットワーク対応のページプリンタ(カラープリンタ推奨)

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら