NCR Online

用度品の総量管理で全体経費削減を実現
1,000種類を超える金融機関の用度品の経費削減は、従来購入単価の切下げという手法で行われてきました。
しかし、現実には過剰な購入数、用度庫や営業店書庫での過剰な在庫の見直しと適正な数量の設定を体系的に行なうことが、全体経費の削減の早道です。
NCRは、Webベースの用度品請求システム、入庫(購入)・出庫・在庫に関する豊富な分析レポート類をSaaS型でご提供します。さらに、従来購買担当者が複数のサプライヤーに分散発注していた調達業務をワンストップで代行し、従来のサプライヤーに加えNCRがグローバルに持つ調達先から、高品質・低価格の用度品を調達致します。さらに、固定費化しがちな用度庫の運用業務を物流パートナーのインフラに移設し、運用経費の流動費化を図ります。

特徴と導入メリット

SaaS型の多機能用度品専用システム (Web-Stock)

Webベースの用度品請求システムをSaaSでご提供します。 店舗の用度品ご担当者が簡単に入力して用度品の請求や請求履歴の照会ができるユーザーフレンドリーなシステムであるとともに、総務部様など用度品を管轄する部署が請求状況を把握・監視できる様々な機能を標準装備しています。 品目毎に店舗規模別の請求上限数設定や重要品目に関する請求申請-上席承認のワークフローなど、実際の業務に即して有効にご活用できる様々な機能を実装しております。

豊富な分析レポート類

Web-Stockの入出庫・在庫DBで自動生成される豊富な分析レポート類が、次回補充数の決定や店舗配布数の制限などの意思決定を支援します。これにより、いわゆる買い過ぎ・持ち過ぎ・配り過ぎを防止、購入単価だけでない経費削減を実現するとともに、帳票改訂時などの大量廃棄を抑制します。

調達のワンストップマネジメント

NCRが用度品の調達業務をワンストップで代行、従来お付き合いのあるサプライヤーに加え、NCRがグローバルに持つ調達先から、適正価格・適正数量で調達を行います。
また、回転の遅い帳票類はオンデマンドプリントサービスに切り替えるなど、お客様の経費負担の軽減に寄与する様々なサービスを提供します。

物流業務のアウトソーシング

NCRが全国に持つパートナーの物流拠点を活用し、用度庫から用度品を移送、各物流拠点の運用に組み入れることにより、固定費化しがちな用度庫の経費を流動費化します。
各物流拠点の保管・出庫・店舗までの配送費用は、毎月の物量に応じて課金されます。
各物流拠点はお客様と直結するNCRカスタマーセンターの指示のもと、用度品の受入れや各店舗への定期配送、緊急発送業務を行い、また重要紙類は、特別保管区画を設営するなど、セキュリティーの面でも十分ご満足頂けるサービスを提供致します。

NCR ドキュメントマネージメントソリューション

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら