JoyScheduler

JoySchedulerは一般的なMRP、優先順位計画に加え最適化アルゴリズムを採用した最適計画を装備している汎用生産スケジューラーです。
既存の生産管理システムと連携が可能で、納期遅れ・リードタイム・段取り時間等のスケジューリング結果を簡単・高速に確認することが可能です。

特徴

  • 最適計画遺伝的アルゴリズム(GA)+焼きなまし法(SA)を応用した計画処理により、自動的に最適な計画をスピーディに探索します。
  • DBR(Drum Buffer Rope)機能を駆使してTOCを実現簡単な設定によりTOCを実現できます。
  • 工程毎に優先順位計画が可能色・形状などの処理条件を考慮し、工程毎に製造順位を変更することができます。
  • 外部システムとの親和性追求ERP、生産管理システムとのデータ連携が簡単にでき、外部からJoySchedulerの起動、停止、計画処理等が簡単に実現できます。
  • 加工組立基板製造、電子部品、自動車部品等の加工組立工程に対応します。また、食品、薬品等のバッチ生産工程にも対応できます。
  • わかりやすい計画評価機能スケジューリングした結果を納期遅れ、リードタイム、滞留時間等の評価値としてレーダチャート上でわかりやすく表示します。
  • 高速高機能で180万円従来から販売されていたスケジューラの機能に加え、最適化機能を装備し180万円という価格を実現しました。

機能構成

DB作成ユーティリティ、本体(資材所要量計画、計画機能、表示編集機能)、外部システム連携から構成されます。

資源ガントチャート画面

img_joy01.jpg

システム構成

img_joy02.jpg

Joyシリーズソリューションマップ

img_joy03.jpg

計画系

logo_joy01.jpg

効率化を追求した中日程計画ツール

logo_joy02.jpg

最適化ロジックを備えた高速生産スケジューラ

logo_joy03.jpg

無駄の無い裁断/板取計画を高速に立案

実行系

logo_joy04.jpg

「生産現場が見える」コンパクトな製造実行システム

logo_joy05.jpg

オンライン・リアルタイム品質管理支援ツール

監視・制御系

logo_joy06.jpg

制御系と情報系を統合した工程監視構築ツール

logo_joy07.jpg

原単位が管理できる省エネ支援ツール

※JoyScheduler はジェイティエンジニアリング株式会社の商標および登録商標です。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら