EasyPDM

EasyPDMは、今まで大企業しか導入できなかったPDM(製品情報管理:Product Data Management)を中堅中小製造業でも導入可能にした画期的なソリューションパッケージです。製品構成、仕様、図面、文書などの一元管理を実現、技術情報の共有化を図ります。仕様の追加・変更が発生してもユーザ自身で登録・変更・検索・関連付けを行える容易さが最大の特長です。

特徴

  • CADシステムとの連携により製品構成、仕様、図面、文書などの一元管理を実現
  • 設計部以外の生産、営業、購買、業務などの部署からの参照が可能
  • 生産管理システムや他の基幹システムとのデータ連係が可能
  • 図面等各種文書は品目番号さらにプロジェクトにも関連付けた管理が可能
  • 構成情報(BOM)のテキストファイルからのインポート、エクスポートが可能
  • 構成情報(BOM)の正展開・逆展開が可能
  • 構成情報(BOM)のマトリックスによる展開が可能
  • 製品属性での絞込みによる各種検索機能
  • 設計履歴を保持(版管理)しているので初期までのトレーサビリティが可能
  • 設計情報の状態を監視し、設計変更中のデータは特定ユーザーのみ更新可能
  • 簡易ワークフロー機能の承認によるコンプライアンス対応
  • 各メニューのアクセス権限から図面および各種文書の参照権限も設定可能なセキュアなシステム
  • AutoCAD、CATIAなど各種CADシステムとの連携実績

基本機能

機能名 機能概要
ログイン機能 使用ユーザーの各メニューに対するアクセス権限を参照し、システムを起動します。
プロジェクト管理機能

案件単位に各種文書、図面などの登録・変更・削除・照会を行います。

また案件と品目の関連付け登録や変更・照会も行います。

品目管理機能 品目単位の各種文書、図面などの新規登録・流用登録・変更・廃棄・照会を行います。
構成管理機能 製品構成情報(BOM)の登録・変更・削除・照会を行います。
項目設定管理機能

プロジェクト、プロジェクト構成、品目、品目構成の属性情報の利用有無、

表示の有無、項目入力順や属性表示名称の設定を行います。

また属性項目の検索結果一覧表示時の並び順や出力順は、ユーザー単位にここに設定します。

ユーザー管理機能

使用ユーザー情報の登録・変更・削除・照会を行います。

さらにユーザーのシステム内における情報権限を設定します。

システム概念図

ep_1.jpg

※CAD連携の詳細に関しては別途ご相談下さい。

動作環境

サーバー環境

ハードウェア
メモリ:2GB以上(推奨4GB以上)
ディスク:100GB以上 ※予測データ量により算出します
動作OS Windows 2000/2003/2008Server/XP/7(32ビットOS)
データベース

PostgreSQL8.4シリーズ以降

クライアント環境

ハードウェア
メモリ:1GB以上(推奨2GB以上)

ディスク:5MB以上(スタンドアロン構成の場合、100GB以上)

※予測データ量により算出します

動作OS
Windows XP/7(32ビットOS)

※動作環境の詳細については別途ご相談下さい。

価格

EasyPDMの価格については、別途お問い合わせ下さい。

※EasyPDMはウィズクリエイト株式会社の登録商標です。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら